ホーム

税理士探し

企業が税務業務を税理士に依頼することは一般的です。しかし、その税理士選びに失敗するということもあります。たとえば、質問してもすぐに答えが返ってこない知識が浅い税理士や、態度が横柄な税理士、あまりアドバイスをしてくれない税理士など・・・。

契約する前ならいいのですが、だいたい契約してから実態を知ることが多いようです。契約してしまっているので、そこからまた新しい税理士を探したりしていると時間の無駄です。

契約する前にきちんとポイントを踏まえて税理士を探すようにしましょう。

起業する時

起業する際に書類作成などを依頼した税理士を調査しないまま起用される事で、実際の業務に対しての知識に薄いという問題に遭遇する事は多いものですし、税理士との契約の際に、どの部分までを依頼したいという旨の話し合いが行われ無かった場合に、双方の仕事に対する認識に差が生まれる原因にもなります。そのような場合には、お金を支払う雇い主の方に苦情が蓄積し、望むような仕事をしてもらウ事が出来ないという不満につながり易いものです。

雇い主の周りに、業務内容をより理解し、経営の片腕と成って働いてくれる税理士の適任者がいない場合等には、税理士紹介業者を利用される事が、解決を得やすくするものです。

税理士紹介業者は、全国の税理士事務所の中でも、それぞれ面談を行ったうえで厳選して提携する所を選出しているもので、雇い主が直接面談をして税理士に説明する手間を省きながらも、最適な信頼のおける税理士事務所を紹介してくれる仕組みになっています。雇い主の希望を税理士紹介業者に正確に伝える事で、失敗しない税理士探しが行えるものです。

得意分野を把握する

良い税理士を選ぶコツは、自分の求めている分野を得意分野としている人を選ぶことです。法律によって、彼らの仕事は、税金関連の相談確定申告などの報告書や届け出書などの作成と決まっていますが、実はそれぞれの税理士によって得意分野は違うのです。

法人を相手にすることが得意な人もいれば、個人事業主を相手にするのが得意な人もいるわけです。従って、税理士を探すしときには、自分の求めている分野を最も得意としている人を選ぶようにしましょう。

またこのような専門家を選ぶときには相性を考えることも大切です。税理士は企業と長年付き合うことが多いため、自分と年齢や性格が合わないようでは、お互いに良い関係を築いていくことが難しくなります。どのようなイメージの人とつき合っていきたいのか、あらかじめ明確にしてから、専門家探しをはじめたいものです。

もちろん、税理士を探しときには報酬、つまり費用のことを考えるのも重要です。費用が高すぎるのはもちろん、低すぎるのもいけません。費用があまり安すぎると、満足のいくサービスが受けられなくなることもありますので注意しましょう。

税理士探しの基準

人柄
性別
年齢層
顧問料

税理士を探すには

税理士探しの方法
ウェブサイトで税理士探し
知人の紹介